ユニセラ株式会社

お問い合わせ
ISO 9001

ステアタイト・セラミックス

ステアタイトの主原料、組成

ステアタイトは電気絶縁性分野で歴史のあるセラミックスです。安価なご提案ができる素材のため幅広い分野で使用されています。
ステアタイトの主原料となるタルク(*)の主成分は酸化マグネシウム(MgO)と無水珪酸(SiO2)で、その化学式は 3MgO・4SiO2・H2Oです。 このタルクを高温で焼成すると結晶水が放出され、後には珪酸マグネシウム(MgSiO3)が出来ます。
この珪酸マグネシウムがステアタイトの本体です。
ステアタイトは環境にも優しい材料です。

(*):タルクは医薬品、化粧品、紙などの身近なものから建材、樹脂、プラスチック、ゴム、塗料、接着剤、電子材料などに使用されています。

ステアタイトの主原料、組成

ステアタイトの特色

ステアタイトは白色又は淡黄色で光沢のあるセラミックスで、その特徴は次の通りです。

  • 高周波損失が小さい。
  • 高温での絶縁抵抗が大きい。
  • 機械的強度が大きい。
  • 熱衝撃に強い。
  • 緻密均質である。
  • 科学的にも安定し耐酸化性にも優れている。
ステアタイトの主原料、組成

ステアタイトの特性

色調 白色or淡黄色
給水率(%) 0
見掛比重 2.7
機械的強度 ピッカース強度 荷重500g kg/cm² 650
曲げ強度 kg/cm² 1400
圧縮強度 kg/cm² 9000
熱的特製 熱線膨張係数 × 10-6 / ℃ R.T.〜100℃ 6.9
R.T.〜400℃ 7.8
R.T.〜900℃ 9.0
熱伝導率 20℃ Cal・cm / cm² / sec・℃ 0.006
安全使用温度 1000
電気的特製 絶縁耐力 KV/mm 10
体積固定抵抗 25℃ Ω・cm >1014
300℃ 8.0×1010
500℃ 3.0×108
誘電率 1MHz 6.4
誘電体損失角 1MHz × 10-4 6.5
損失係数 1MHz × 10-4 38
ページトップへ戻る